[寄稿・寄稿フォーラム]

2012年4月号 210号

(2012/03/15)

インドM&A投資における 実務上のポイント・留意点

プライスウォーターハウスクーパース パートナー 岩嶋 泰三/ストラテジスト 山内 利夫
  • A,B,EXコース

「中国の次の市場」としてますます注目を浴びるインド。日系企業のインドM&A投資も活発化する方向にある。
インドM&A投資においては、外国資本に課せられる規制を考慮しつつ持株比率や所有構造をどのように設定するかが第一の課題となる。一方、M&A実行時にはデューデリジェンスや企業価値算定において、インド政府の規制やインドの企業文化に由来する「インド市場固有の問題」に直面することがある。
本稿では、日系企業によるインドM&A投資の事例にもふれつつ、特に考慮すべき実務上のポイント・留意点についてまとめた。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

アクセスランキング