レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

2016年10月号 264号

(2016/09/15)

第140回 建設業界「成長戦略を目指したM&Aの展開」

 マール企業価値研究グループ

1. はじめに

  建設業界は、「M&Aが起こりにくい」「M&Aとは再生案件のことである」と言われてきたが、中長期的に成長戦略の一環としてのM&Aが進む可能性が高まりつつある。

  建設業は、社会を構築するうえで不可欠な産業であるにもかかわらず、建設不況と称される構造的な問題から長期に亘って低迷傾向が続き、暗い色彩をもって捉えられることが多かった。しかし、ここ数年、需給環境の安定により、産業としての重要性が正当に評価されるようになってきた。

  そうした中、大和ハウス工業によるフジタの買収に象徴されるような、異業種による建設機能の取り込みの事例が相次ぐなど、建設業界にも新たなM&Aの動きが出てきた。また、中長期的には特に準大手・中堅クラスにおいて同業の再編が進む可能性が感じられるようになってきた。

  本稿では、建設業界の構造変化と最近のM&A動向に触れ、今後のM&Aの可能性について考察を進めていきたい。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

ドラッグ業界再編の可能性高めるココカラファイン、マツキヨ統合の動き

速報・トピックス

<新連載>【第1回】 民法改正が事業承継M&A取引に与える影響

スキルアップ

[【法務】民法改正が事業承継M&Aに与える影響(ソシアス総合法律事務所 高橋・小櫃弁護士)]

NEW <新連載>【第1回】 民法改正が事業承継M&A取引に与える影響

高橋 聖(ソシアス総合法律事務所 パートナー弁護士)
小櫃 吉高(ソシアス総合法律事務所 弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム