レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2019年4月号 294号

(2019/03/15)

【ビズリーチ】事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」で生産性向上のための健全な資本の流動化を図る

南 壮一郎(ビズリーチ 代表取締役社長)
南 壮一郎氏
南 壮一郎氏
 ビズリーチは、「HRテック*(HR×Technology)」の領域で、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」をはじめ、20代の転職サイト「キャリトレ」、求人検索エンジン「スタンバイ」、大学生向けのOB/OG(卒業生)ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」、人材活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」、さらに事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」を運営している。

*テクノロジーの活用によって人材育成や採用活動、人事評価などの人事領域の業務の改善を行うソリューション群。

 同社は2009年に設立された。南壮一郎社長は1976年6月生まれ。父親の海外転勤に伴って小学校から中学1年生までの7年間をカナダで過ごし、99年米・タフツ大学を卒業後、モルガン・スタンレー証券・東京支店の投資銀行部に入社し、その後、楽天の創業者で代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏と出会い、04年には楽天イーグルスの創業メンバーとなる。その後、07年楽天イーグルスを退職。1年間ほど、世界中を旅した後、09年にビズリーチを創業した。同社は今年創業10周年を迎え、1300人を超える従業員を抱えるまでに成長してきた。

 「楽天イーグルスを退職した後、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第9回】税のある世界の加重平均資本コスト(WACC)

スキルアップ

[【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)]

NEW 【第9回】税のある世界の加重平均資本コスト(WACC)

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム