レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2019年4月号 294号(2019/03/15発売)

特集:
中小企業再生とPEファンドの役割

地域経済の活性化が叫ばれながら、中小企業の労働生産性の低迷が大きな問題となっています。その原因の1つに経営者層の高齢化による事業承継問題があります。地域金融機関もM&A支援などの対応を強化しつつあり、政府も2018年の事業承継税制の改正で、相続税や贈与税の支払いを猶予するなどの時限的な支援措置を講じています。しかし、M&Aには時間を要するうえ、買い手候補先との間で雇用の維持、経営方針について満足な条件を引き出せないという問題も指摘されています。
こうした中で、PEファンドによる支援が注目されるようになっています。PEファンドが提供するリスクマネー、人材、経営改革などによる生産性向上と事業の再生が期待されています。17年に施行された「地域未来投資促進法」では、主な支援措置の一つとして地域経済活性化支援機構や中小企業基盤整備機構などによるファンド創設・活用がうたわれており、これら機構による民間投資ファンドへの投資も進んでいます。
そこで、本特集では阿南雅哉・京都銀行専務取締役、西内幸男・独立行政法人中小企業基盤整備機構ファンド事業部部長、安東泰志・ニューホライズン キャピタル代表取締役会長にご出席いただき、中小企業の事業承継、企業再生の現状と課題についてお話し合いいただきました。

[座談会]中小企業の事業承継・再生支援とPEファンドの役割

座談会・インタビュー

【出席者】(五十音順)
阿南 雅哉(京都銀行 専務取締役)
安東 泰志(ニューホライズン キャピタル 代表取締役会長)(司会)
西内 幸男(独立行政法人 中小企業基盤整備機構 ファンド事業部部長)

今月のコンテンツ

KDDI、カブドットコム証券に49%出資

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

KDDI、カブドットコム証券に49%出資

Global M&A 2019年4月号

マーケット動向

[GLOBAL M&A]

Global M&A 2019年4月号

第142回 コンプライアンス視点からのValue ProtectionとValue Creation

M&A戦略・実務

第168回 出版・印刷業界~凸版印刷と大日本印刷のM&A概観

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

第168回 出版・印刷業界~凸版印刷と大日本印刷のM&A概観

第48回『社長訪印という千載一遇のチャンス』

M&A戦略・実務

[【小説】新興市場M&Aの現実と成功戦略]

第48回『社長訪印という千載一遇のチャンス』

2019年2月の全国・地域別M&A状況

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

2019年2月の全国・地域別M&A状況

次号予告と編集後記(2019年4月号)

その他

刊行一覧 2019年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2019年刊行一覧
  2. 2018年刊行一覧
  3. 2017年刊行一覧
  4. 2016年刊行一覧
  5. 2015年刊行一覧
  6. 2014年刊行一覧
  7. 2013年刊行一覧
  8. 2012年刊行一覧
  9. 2011年刊行一覧
  10. 2010年刊行一覧
  11. 2009年刊行一覧
  12. 2008年刊行一覧
  13. 2007年刊行一覧
  14. 2006年刊行一覧

M&A記事ライブラリー

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム