レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

ユノカル基準
英語:Unocal Test
ユノカル基準とは、1985年に米国デラウェア州で示された判例法理で、買収防衛策の適法性の判断基準のこと。
買収防衛策の実施が適法であると主張するためには、取締役会は以下の2点を立証する義務を負う。

(1) 敵対的買収が会社の政策や効率性に対して脅威であると信じる合理的な根拠があること (Reasonableness, 合理性テスト)
(2) 買収防衛策がその脅威との関連で相当であること (Proportionality, 相当性テスト)

ユノカル基準が示されるまでは、買収防衛策の実施について、取締役会に対して経営判断の原則による保護が広く与えられていた。しかしながら裁判所は、敵対的買収が行われる局面においては、取締役会は会社及びその株主の利益ではなく、自己の利益のために行動を取る可能性があるとし、経営判断の原則の保護が与えられる前提として、より高度な義務(ユノカル基準)を満たす必要があるとした。

関連記事

座談会・インタビュー

2014年2月特大号 232号

[マールインタビュー]

No.164 友好的買収の場面における取締役に対する規律づけの必要性と方策を提言

 白井 正和(東北大学 大学院法学研究科 准教授)

視点・寄稿

2009年7月号 177号

[視点]

敵対的企業買収防衛と取締役会の業務執行権

同志社大学 教授 森田 章

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム