レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

経営判断の原則
英語:Business Judgement Rule
経営判断の原則とは、取締役が行う経営上の専門的判断については、決定の過程及び決定の内容に著しく不合理な点がない場合は、その判断によって結果的に会社に損害が発生したとしても、取締役としての善管注意義務違反には当たらないとする考え方をいう。
取締役は、善管注意義務違反となる業務の執行により会社に損害が生じた場合は、その損害を賠償する責任を負う。一方で、取締役として最善を尽くして経営判断をしたのに事後的に法的に責任を負担させられたのでは、リスクを取って経営することはできず、経営判断に萎縮が生じてしまう。経営判断の原則は、一定の要件のもとに取締役に広い裁量の幅を認めようとする考え方である。M&Aでは、買収、組織再編、自己株式の取得その他取締役の経営判断が問われる場面が多く、経営判断の原則に関連する判例が多く存在する。

関連記事

座談会・インタビュー

2016年9月号 263号

[対談・座談会]

[対談]ガバナンス改革とM&A~攻めのガバナンスを実現するM&A実務~

 大杉 謙一 (中央大学法科大学院 教授)
 玉井 裕子 (長島・大野・常松法律事務所 弁護士)

M&A戦略・実務

2015年12月号 254号

[M&A戦略と法務]

組織再編と取締役の責任

 戸澤 晃広(TMI総合法律事務所 弁護士)

座談会・インタビュー

2011年6月号 200号

[対談・座談会]

会社法見直しへの提言 --日本型コーポレート・ガバナンスの再構築

加護野 忠男 甲南大学 特別教授(神戸大学名誉教授)
宍戸 善一 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授
司会・構成 川端久雄(マール編集委員、日本記者クラブ会員)

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム