レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[書評]

2016年9月号 263号

(2016/08/15)

今月の一冊 『海外企業買収 失敗の本質 戦略的アプローチ』

 松本 茂 著/東洋経済新報社/2600円(本体)
 [評者]大杉 謙一(中央大学法科大学院 教授)

今月の一冊 『決定版 これがガバナンス経営だ!』経営共創基盤 冨山和彦、澤 陽男 著/東洋経済新報社/1800円(本体)1.本書の概要

  日本企業による海外企業の買収には失敗例が多い。本書は、その標題どおり、海外M&Aの失敗の原因を統計的に明らかにしようとするものである。もっとも、本書は日本企業叩きを主眼とするものではなく、むしろ良いM&Aを啓蒙し、推進する内容となっている。本書は2015年のM&Aフォーラム賞(正賞)を受賞しているが、受賞にふさわしい内容である。

  買収から10年以上を経た大型案件(100億円以上)116件のうち、買収企業がすでに破たんしたものが7件あり、その他の109件のうち44件は買収事業からすでに撤退・売却している。この51件の「失敗案件」に投入された金額は2兆8000億円にのぼる、と著者は言う。なお、買収事業の売却時に売却益を計上している案件は「失敗でも成功でもない」と分類されている。

  失敗案件を除く65件のうち、買収時から4年目以降の最高益更新率が50%以上である。すなわち2年に1回以上のペースで最高益を更新している買収は、わずか9件である。これが著者の定義する「成功」事例である。

  それでは、失敗事例と成功事例を分けた要因は何であろうか。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

<新連載>【第1回】 M&Aコミュニケーションの基本

スキルアップ

[【IR戦略】海外M&Aを成功に導くためのコミュニケーション戦略(アシュトン・コンサルティング)]

NEW <新連載>【第1回】 M&Aコミュニケーションの基本

ダン・アンダーウッド(アシュトン・コンサルティング 最高経営責任者)

[対談]日本企業のイノベーションの起こし方

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

NEW [対談]日本企業のイノベーションの起こし方

原田 泳幸(ゴンチャジャパン 代表取締役会長兼社長兼CEO、原田泳幸事務所代表取締役)
加藤 崇(Fracta CEO)
久保田 朋彦(GCAテクノベーション 代表取締役)(司会)



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム