レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A戦略と会計・税務・財務]

2013年2月特大号 220号

(2013/01/15)

第68回 岐路に立つ日本企業の国際戦略と税制改正の動向

 荒井 優美子(税理士法人プライスウォーターハウスクーパース マネージングディレクター)

   第46回衆議院議員総選挙(2012年12月16日投票)での自由民主党の圧勝により、3年3カ月の民主党政権に幕が下ろされた。12月の解散総選挙での政権交代のため、例年であれば12月中下旬とされていた税制改正大綱の公表が1月から2月にずれ込む模様である。新政権に対しては、大型補正予算による緊急経済対策を始めとして、デフレ脱却への金融緩和政策や経済活性化投資への要望等、景気後退局面での日本経済における経済政策の役割に高い期待が寄せられている。歴史的な円高傾向と2011年の震災の影響による、製造業の海外移転に伴う空洞化進展への危機感が伝えられる中で、本稿では日本企業の対応的戦略と、経済政策としての税制改正の方向性について検討する。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

NEW 【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム