レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2016年9月号 263号

(2016/08/15)

【ストライク】マザーズ市場に上場、ベンチャー企業のエグジットも支援

 荒井 邦彦(ストライク 代表取締役)

荒井 邦彦氏   M&Aの仲介を手がけるストライクが、2016年6月21日、東京証券取引所マザーズ市場に上場した。

  同社が設立されたのは1997年。「ストライク」という社名は、「M&Aというと当時はまだどこか胡散臭いというイメージがありましたから、文字通り、駆け引きなしの直球勝負で対応しますという意味を込めて付けました」と荒井邦彦社長は語る。

  荒井氏は、1970年11月生まれ。93年一橋大学商学部卒業後、太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)入社。98年12月に太田昭和監査法人を退職し、99年1月ストライクを設立(法人登記上は1997年7月設立)した。

  「監査法人では、株式公開準備企業の担当が多く、私自身、在学中から自分でビジネスをやりたいと思っていたものですから、学歴に関係なくエネルギッシュに事業を展開している経営者と接触できたことで非常に刺激を受けました」と荒井氏。その起業家の熱気に触発されたのか「綿密な事業計画も立てずに監査法人を辞めて独立した」という。28歳の時だった。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

加熱する「M&Aマッチングプラットフォーム」市場

速報・トピックス

3月は467件 月間最多。日立、初の1兆円買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 3月は467件 月間最多。日立、初の1兆円買収

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム