レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データファイル [注目企業のM&A戦略を追う]]

(2015/01/14)

楽天

~スピード経営により世界を舞台にしたネット企業へ~

1.はじめに

インターネット・ショッピングモール「楽天市場」を運営する楽天は、創業から20年に満たないうちに、年間流通総額(取扱高)5兆円突破(2013年12月期、5兆1259億円)、楽天市場出店店舗数4万店突破(2014年9月末現在、4万1718店)を達成した。現状、いわゆるEC(電子商取引)のみならず宿泊予約サイト「楽天トラベル」、インターネット銀行「楽天銀行」、ネット証券の「楽天証券」といった様々なサービスを手がけており、会員数9556万人(2014年9月末現在)を有する日本を代表するインターネットサービス企業に成長した。そして、その多くがM&Aを通じて楽天の傘下に入り、楽天グループの事業の一翼を担うようになったサービスである。社是にある「スピード!!スピード!!スピード!!」の文字通り、楽天はM&Aにより「時間」を買い、楽天グループのサービスの拡大と質の向上につなげてきた。

現在、同社の事業はインターネットサービス、インターネット金融、その他の3つで構成される(図表1)。





 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

SPAC隆盛の米国~その意味するところ

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW SPAC隆盛の米国~その意味するところ

マール企業価値研究グループ

第191回 ドラッグストア業界 同質化競争から抜け出るためのM&Aが増加

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

NEW 第191回 ドラッグストア業界 同質化競争から抜け出るためのM&Aが増加

編集部

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム