レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データファイル [注目企業のM&A戦略を追う]]

(2015/11/04)

ニプロ

~「医」分野への選択と集中を掲げ、M&Aによりガラス事業から転身~

1.はじめに

 高齢化の進展などに伴い、医療機器市場が拡大している。国内の市場規模(国内生産額+輸入額-輸出額)は1990年代後半から2兆円前後で推移していたが、2004年以降は毎年2兆円を上回り、2013年には過去最大の約2兆7000億円となった(出所:厚生労働省 薬事工業生産動態統計)。同市場は今後も成長が期待されている。医療機器は治療の際に人体に直接接触することによって用いられる「治療機器」と、人体の状態をミクロ・マクロに観察するために用いられる「診断機器」に大別される。治療機器はカテーテル、心臓ペースメーカー、注射器などであり、同分野の業界トップはテルモ、第2位がニプロである。診断機器はX線撮影フィルム、内視鏡、超音波診断装置などであり、富士フイルムホールディングスやオリンパス、また、大手電機メーカー子会社などが製造・販売している。

 医療機器メーカーの中で、「医療機器」と「医薬品」、さらには医療現場に必要な部材を提供する「硝子」の3事業を「医」分野と位置付け、あらゆる医療ニーズに応えられる総合医療メーカーを目指してきたのがニプロである。業績は順調に伸びており、「医」分野を中核とすることに舵を切った2001年3月期に1521億円だった売上高は、2015年3月期には3251億円、また、当期純利益も125億円と過去最高を記録した(図表1)。この間、後述するように一時は売上全体の32.5%を占めた小売事業を売却したにもかかわらず、売上高は倍増している。(ニプロは、医療機器事業、医薬品事業、硝子事業の事業別セグメントを、それぞれ「医療関連」、「医薬関連」、「硝子関連」と報告しているが、本稿では便宜上、原則として医療機器、医薬品、硝子という言葉を用いた。)

 3事業の中で、「医療機器」では・・・

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【冨山和彦氏が直言】コーポレート・トランスフォーメーションができない企業は生き残れない

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

NEW 【冨山和彦氏が直言】コーポレート・トランスフォーメーションができない企業は生き残れない

冨山 和彦(日本共創プラットフォーム 代表取締役社長、経営共創基盤 グループ会長)

第162回 DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みと税制支援

M&A戦略・実務

[M&A戦略と会計・税務・財務]

NEW 第162回 DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みと税制支援

荒井 優美子(PwC税理士法人 タックス・ディレクター)

第191回 ドラッグストア業界 同質化競争から抜け出るためのM&Aが増加

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

NEW 第191回 ドラッグストア業界 同質化競争から抜け出るためのM&Aが増加

編集部

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム