レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2015/10/01)

【第59回】M&Aでも重要性を増す動産評価

 野田 慧(ゴードン・ブラザーズ・ジャパン アプレーザル部 部長)



  昨今の上場企業の不適切会計問題や近年の時価会計主義への移行を背景に、これまであまりクローズアップされることがなかった動産評価の重要性が認識されつ つある。M&Aファイナンスや企業価値算定でも重要なポイントとなる動産評価について、動産評価の分野で世界最大手であるゴードン・ブラザーズの 日本法人ゴードン・ブラザーズ・ジャパンの野田慧氏に話を伺った。

―― 動産評価はどのような目的で利用されていますか。

「動産評価の目的は以下のように様々です。

 ①資金調達のための担保評価
 ②時価純資産法による企業価値算定の際の公正市場価値算定
 ③事業再生先が実態BSや清算BSを作成する際の価値評価
 ④法的整理先の財産評定(清算価値算定)
 ⑤PPAや減損等の手続きにかかる公正価値算定あるいは正味売却価額算定
 ⑥移転価格税制(機械設備の海外移転時等)における独立企業間価格算定


 この中でも特に多いのは『資金調達』と『M&A・事業再生』関連です。
『資 金調達』は、BS上の在庫や機械設備の担保価値(清算価値)に着目して資金調達を行う際、通常ローン提供者は評価会社に動産の評価を委託します。実際、あ らゆる動産が担保として活用されており、特に宝飾品関係は在庫回転率が他の業種に比して低いものの資産そのものに価値があるため、多くの企業が動産担保融 資を活用しています。近年は中堅・・・・

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第5回】事業売却による価値創造

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第5回】事業売却による価値創造

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)


M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム