レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2020/12/16)

マッキンゼーの日本支社長に岩谷直幸氏が就任

マッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社長に、2021年1月1日付でシニアパートナーの岩谷直幸氏が就任する。日本支社長に日本人が就任するのは15年ぶり。現支社長のアンドレ・アンドニアン氏は、シニアパートナーになる。

 岩谷氏は1999年、一橋大学経済学部卒業後、マッキンゼー日本支社に入社した。2006年カーネギーメロン大学でMBAを取得し、10年にパートナー、16年からシニアパートナーを務めている。HENNGE創業メンバーの一人。

 主に、食品、飲料、製造など幅広い分野の企業に対して戦略立案、オペレーション改革、サプライチェーンマネジメントに重点を置いたコンサルティングを提供。近年は、企業のグローバル化、組織改革に関する企業支援も行い、アジア各国のメーカーに対してサプライチェーン改革に関する知見を提供している。

 マッキンゼーの消費財・小売り、組織変革関連の研究調査活動にも携わり、ビジョン・成長戦略の策定、オペレーション改革、変革管理など、そのテーマは多岐にわたる。

バックナンバー

おすすめ記事

第5回 M&Aをデジタル変革のドライバーとして活用する

M&A戦略・実務

[企業変革手段としてのM&Aの新潮流]

NEW 第5回 M&Aをデジタル変革のドライバーとして活用する

堀 佳介(デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 パートナー)
飯塚 良(デロイト トーマツ コンサルティング シニアマネジャー)
植田 敦(デロイト トーマツ コンサルティング マネジャー)

第10回 グローバルHRオペレーション

M&A戦略・実務

[ニューノーマル時代の日本企業M&Aの指針]

NEW 第10回 グローバルHRオペレーション

佐藤 智哉(マーサー ジャパン M&Aアドバイザリーサービス部門 マネージャー)

イノベーション創出につながるM&A

視点・寄稿

[視点]

NEW イノベーション創出につながるM&A

大井 悠紀(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム