レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2021/01/21)

金融リテラシー入門[基礎編]

幸田 博人・川北 英隆 /編著
編著者名:幸田 博人・川北 英隆  
出版社名:きんざい
定価:2,200円
発行日:2021年1月21日 
   サイズ:A5判 316頁 
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
金融リテラシーが低いといわれる日本で、資産形成や保険の基礎知識を身につけることがなぜ重要なのか
金融庁、日本銀行、大学、シンクタンクなどで金融実務・教育に携わる多様な執筆陣による、次世代のためのお金の教科書

新井紀子氏(国立情報学研究所教授)推薦!
「キーワードと雰囲気」だけでは、21世紀は生き抜けません。 金融の「本質を構造として理解」するために、本書をお勧めします。

※下記商品紹介ページより引用
きんざい
https://store.kinzai.jp/public/item/book/B/13829/

関連記事

視点・寄稿

2020年9月号 311号

[視点]

ポストコロナ時代とプライベート・エクイティ

幸田 博人(㈱イノベーション・インテリジェンス研究所社長、京都大学経営管理大学院特別教授)

視点・寄稿

2016年8月号 262号

[視点]

日本企業の海外展開は利益率格差が背景に

 川北 英隆(京都大学名誉教授 同経営管理研究部客員教授)

視点・寄稿

2012年6月号 212号

[視点]

企業利益の回復にはM&Aが不可欠

川北 英隆 ( 京都大学 経営管理大学院 教授 )

バックナンバー

おすすめ記事

見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

「会社補償」活用のすすめ

視点・寄稿

[視点]

NEW 「会社補償」活用のすすめ

落合 誠一(東京大学 名誉教授)

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム