レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2020/12/21)

廃業するなら託しなさい!

自己決定感のある会社の引き継ぎ

石川 和司 /著
著者名:石川 和司  
出版社名:総合法令出版
定価:1,540円
発行日:2020年12月21日 
   サイズ:四六判  184頁 
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
少子高齢化、人口減少、団塊世代の大量引退、コロナウイルス……。2025年には127万社の会社が廃業の危機を迎えるとされています。「私の会社に後継者はいない」「うちの会社は残す価値がない」と、廃業を考える中小企業オーナーは多いようです。
しかし、社会にはヤル気のある人が多くいます。また、会社の価値は決算書だけで測れません。彼らと出会い、オーナーの想いを考えた事業承継(M&A)ができる方法があります。M&Aは大企業だけのものではありません。怖ろしいものでもありません。複雑多岐な課題にも士業であるそれぞれの専門家が対応します。オーナーに寄り添ったチームによる支援です。
事業を社会に有効活用してもらいたい、老後資金の捻出、子や孫に財産を残したいといった中小企業オーナーや、起業に関心のある方必読の書です。

※下記商品紹介ページより引用
総合法令出版
http://www.horei.com/book_9784-86280-782-3.html

関連記事

座談会・インタビュー

2020年2月号 304号

[特集インタビュー]

【デービッド・アトキンソン氏が直言】日本経済復活のカギは中小企業改革 ――エビデンスで経済実態を把握すれば、袋小路の打開策は見えてくる

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社 社長)

バックナンバー

おすすめ記事

見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム