レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2021/06/08)

予測不可能な時代に先手を打つ リスク大全

深津 嘉成 /著 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 /編
著者名:深津 嘉成
編者名:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
出版社名:株式会社インプレス
定価:2200円
発行日:2021年6月8日
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
本書には、私たちビジネスパーソンが「自分ゴト」として備えておかなければならないリスク全65種を掲載。それぞれのリスクについて、生命や仕事への影響度合いや深刻度合いを数値化してあるほか、そのリスクによって想定される影響や対策をデータを交えて丁寧に図解しています。リスクというと難しそうなイメージがありますが、私たちに身近な例を用いながら基本から丁寧に解説しているので、本書を手にしたその日からリスクに備えるための準備が始められます。

※下記商品紹介ページより引用
インプレスブックス
https://book.impress.co.jp/books/1120101054

関連記事

M&A戦略・実務

2020年9月号 311号

[M&A戦略と法務]

M&Aと有価証券報告書等の虚偽記載による訴訟リスク ~損害論を中心に~

髙山 崇彦(TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士)
原田 紗衣(TMI総合法律事務所 弁護士)

座談会・インタビュー

2020年8月号 310号

[対談・座談会]

[座談会]新型コロナ禍を踏まえたグローバルリスク・危機管理対応の実際とあるべき姿

【出席者】(五十音順)
池島 勝利(マーシュブローカージャパン マネージングディレクター)
佐々木 清隆(一橋大学大学院経営管理研究科 客員教授)
野尻 明裕(ボックスグローバル・ジャパン 代表取締役社長)
村崎 直子(クロールインターナショナル シニアアドバイザー、ノブリジア代表取締役)(司会)

バックナンバー

おすすめ記事

2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

マーケット動向

[スタートアップの資金調達・M&A]

NEW 2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

「M&A仲介協会」が発足・始動

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム