レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2021/06/10)

証券業務の基礎

2021年度版

三井住友信託銀行株式会社 / 三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社 / 著
三井住友トラスト・キャリアパートナーズ株式会社 / 編
著者名:三井住友信託銀行株式会社
    三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社   
編者名:三井住友トラスト・キャリアパートナーズ株式会社
出版社名:経済法令研究会
定価:2,970 円
発行日:2021年6月10日
サイズ:A5判 336頁
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
近年、金融機関においては、証券業務を取り扱うにあたり、金融商品取引法に準拠した販売方法および投資家保護を目的とした説明責任が重視される傾向にあり、金融機関行職員においては、より高度な知識が求められています。しかし、証券業務といっても広範囲に及び、その全体像をつかむのは容易ではありません。
本書は、その広範囲に及ぶ証券業務をできるだけコンパクトにまとめ、 「基本的な証券業務の諸制度」から「デリバティブ」「証券税制」と、証券業務を初めて学ぶ方でも全体像が理解できるよう構成されています。また、銀行業務検定試験「証券3級」の出題項目に準拠した項目立てとなっていますので、参考書としても最適です。証券業務の全体像を捉えられるので、証券外務員の受験対策にも活用できます。

※下記商品紹介ページより引用
経済法令研究会
https://www.khk.co.jp/book/book_detail.php?pid=53874

バックナンバー

おすすめ記事

見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

「M&A仲介協会」が発足・始動

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム