レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

(2020/07/16)

【第9回】社会課題からのビジネスDD

松田 克信(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション パートナー)
はじめに

 近年、企業活動において社会課題への対応が強く求められています。特に、ESG経営、SDGs等のキーワードが企業経営において重要な意味をもち、すべての企業活動における“持つべき視点“として対応が求められています。これはM&Aにおいても例外ではありません。本連載のテーマであるビジネスDDに関して考えてみると、これまでは、経済的/定量的な視点で検証を行う意識が強かったのではないかと思います。しかしながら、企業経営で社会課題への対応の視点が強く求められて来ている今、ビジネスDDにおいても社会課題を意識したDDの実施が不可欠になってきています。今回は、ビジネスDDで求められる新たな視点である社会課題への対応を、特に、近年強く意識されるサステナビリティというキーワードも踏まえて考えてみたいと思います。

(1) M&Aにおける社会課題

 M&Aと社会課題、一見すると相反するように感じる人もいるのではないでしょうか。M&Aは経済や財務、社会課題は社会や生活という言葉に密接に関係するというイメージかもしれません。しかしながら、現在は、前述のとおり社会課題への対応を抜きにした企業活動は考えられない時代となっています。実際、消費財やインフラ系企業を中心に、サステナビリティ対応を目的としたM&Aが起こり始めています。生分解性プラスティックの製造技術を獲得する為のM&Aやリサイクル企業のM&Aなどはその典型例でしょう。BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)やHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)企業をターゲットとしたM&Aなどもその一例と言えるでしょう。

 そのような状況を踏まえると、M&Aにおいて社会課題は、DDはもちろんのこと、ValuationやPMIなどでも重要な視点として考えていく必要があります。具体的には、DDにおける自社のESG経営に関するポリシーとの整合性の確認、SDGsの重点項目への取り組み方針の確認などが今後、DDの項目として重要になってきます。ValuationではDCFに代表とされるような、いわゆる財務モデルに加えて、中長期の視点に立った社会的価値の考え方の整理が求められるでしょう。また、PMIにおいて、自社が定める社会課題への対応を行うための必要な投資についても、より詳細な検討が求められるかもしれません。さらにいうならば、M&A戦略を考えるに際して、社会課題をキーワードに検討することが企業には求められるようになる可能性もあります。特に、昨今では、サステナビリティをキーワードに経営戦略/事業戦略を見直す動きがあります。そのような中でM&Aだけが無縁というわけにはいかないでしょう。...

■筆者履歴

松田 克信(まつだ かつのぶ)
15年以上のコンサルティング経験を有し、化学、消費財、金融、自動車、ライフサイエンス、不動産、SIer、半導体、運輸など、様々な業界のクライアント企業に対して、ビジネスデューデリジェンス、M&A戦略策定、成長戦略策定、新規事業立案、事業構造改革、経営管理強化などのプロジェクトを実施。コンサルティング業界に入る以前には、メガバンクでの不良債権管理・処理や法人融資経験も有する。また、近年、ビジネスにおけるサステナビリティの実現などもテーマにしたコンサルティング業務もリード。財務、事業、経営の3つの視点からの企業価値向上支援を強みとし、PwCアドバイザリー合同会社のディールズストラテジー&オペレーションチームの中心メンバーとして活動。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第4回】100日で再生企業に魂を吹き込め

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第4回】100日で再生企業に魂を吹き込め

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

【カーライル山田代表が語る】パラダイムシフト迫られる日本企業と“ジャパンファンド”の投資戦略

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

NEW 【カーライル山田代表が語る】パラダイムシフト迫られる日本企業と“ジャパンファンド”の投資戦略

山田 和広(カーライル・ジャパン・エルエルシー 日本代表兼マネージングディレクター)

(最終回) 林要GROOVE X 代表取締役

座談会・インタビュー

[連載対談 THE GREAT INNOVATORS ―― 原田泳幸と未来を牽引するイノベーターたち]

NEW (最終回) 林要GROOVE X 代表取締役

原田 泳幸(ゴンチャジャパン 代表取締役会長兼社長兼CEO、原田泳幸事務所代表取締役)
林 要(GROOVE X 代表取締役)
久保田 朋彦(GCAテクノベーション 代表取締役)(司会)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム