レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2016年11月号 265号

(2016/10/18)

【500 Startups Japan】 シリコンバレーを拠点に、60カ国1500社以上に出資する世界で最もアクティブなシード投資ファンド

 ジェームズ・ライニー(マネージング パートナー、日本代表)
 澤山 陽平(マネージング パートナー)

右からジェームズ・ライニー氏、澤山 陽平氏   500 Startups Japan は、米シリコンバレーに本拠を置く投資ファンド「500 Startups」の日本拠点として2015年9月に立ち上げられた。

  500 Startupsは2010年、デイヴ・マクルーア氏らが設立した。同氏は、Paypal(ペイパル)の創業者であるピーター・シール氏らが設立したFounders Fundで投資担当を務めた経験を持ち、既に世界60カ国・地域の1500社超に投資している。数百万円からの少額出資で多数の創業間もないベンチャー企業を支援するのが特徴で、世界最大級のシード投資ファンドとして知られ、すでに韓国と、東南アジア、タイなど世界中に20カ所以上の拠点が立ち上げられている。

  500 Startupsは、これまでにGengo、MakeLeaps、Peatix、Whillなど日本のスタートアップ企業に投資をした実績を持っているが、日本拠点の立ち上げで、日本向けに特化したファンドを設け本格進出することになった。

  ファンド規模は、約30億円(30百万米ドル)。ファンド募集は年内には最終クローズの予定で、主な出資者はみずほ銀行、三菱地所、ニコン、ミクシィなど国内大手事業会社および著名エンジェル投資家となっている。

  500 Startups Japanの中核は、ジェームズ・ライニー氏(代表兼マネージングパートナー)と澤山陽平氏(マネージングパートナー)の2人。

  ライニー氏は、ペンシルベニア州立大学卒業後、NYと東京でJ.P. Morganに勤務。2012年に、ベストセラーになった『ビリギャル』などを出版したパブリッシングプラットフォーム「STORYS.JP」を立ち上げた後、DeNAの投資部門に移り、初期段階の国際投資を担当。DeNAのタイ、インドネシア、フィリピン、インドへの出資を主導。その後500 Startups Japan立ち上げに関わり現職に就いた。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム