レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2017年1月号 267号

(2016/12/15)

【みらい創造機構】東工大を中心とした大学連携VC

 岡田 祐之(代表取締役社長)

岡田 祐之氏   みらい創造機構は、2014年9月、大学や研究機関等の研究成果・知的 財産の事業化促進を推進し、それらに関連する研究者・卒業生や最先端技術を活用するベンチャー企業に対する投資・経営支援をはじめ、研究活動支援を行うことを主要な目的として設立された。

「16年5月に、国立大学法人東京工業大学(以下「東工大」)と社会連携活動の推進に向けた組織的連携協定を締結して、共同研究・学術指導の推進、人材教育支援、ベンチャー育成支援等を継続して行ってきています」と語るのは、岡田祐之社長。

  岡田氏は、東京工業大学大学院修士課程修了。1996年に東京電力入社し、原子力部門にて新技術開発に従事。海外技術の導入と事業化、国プロ技術開発でのプロジェクトマネジメントに従事。原子力政策策定、規制当局との折衝業務。大学との共同研究を実施。その後、企画調査部門に転じ、TNPパートナーズに出向して、ハンズオン支援(事業計画策定、営業企画、業務企画、ファイナンス支援)も手掛けた。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

ビジョン・ファンドで第4次産業革命の覇者を目論むソフトバンクグループ

速報・トピックス

エスフーズ ~M&Aにより川上から川下まで垂直統合のビジネスモデルで成長を加速~

企業研究

 【第10回】行動9 過去の経験の蓄積により「海外M&A巧者」へ / まとめ

スキルアップ

[「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」を読む ~経済産業省 海外M&A研究会報告書より]

NEW 【第10回】行動9 過去の経験の蓄積により「海外M&A巧者」へ / まとめ

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム