レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2018年3月号 281号

(2018/02/15)

【雄渾キャピタル・パートナーズ】人として、プロフェッショナルとして、相互の共感を醸成し、高度かつ創造的なソリューションを提供することにより、『日本で最も信頼に値するファンド』を目指す

 櫻井 歩身(代表パートナー)
 阿部 知樹(代表パートナー)

右から櫻井 歩身氏、阿部 知樹氏   雄渾(ゆうこん)キャピタル・パートナーズは、2014年3月に櫻井歩身(あゆみ)、阿部知樹両氏によって設立されたプライベート・エクイティファンドの運営会社。15年3月に設立した「雄渾1号投資事業有限責任組合」(125億円)の運営を行っている。

  代表パートナーの櫻井氏は、1988年資生堂に入社、国内営業、国際事業開発、M&A、仏子会社駐在等、様々な業務に従事。98年からはシュローダー・ベンチャーズ(後のMKSパートナーズ)に転身、MBO、カーブアウト、事業再生等の幅広い投資に関わり、その経験を元に2006年にヴァリアント・パートナーズを創設した。同氏は阪神調剤薬局、日本工業検査、フジフーズ等の黎明期の事業承継投資で成功を収めたが、さらに強いチームを創るべく同社を解散し、新旧メンバーと共に雄渾キャピタル・パートナーズを立ち上げた。

「この業界では数少ない事業会社出身であることや、20年にわたる投資活動で積み上げた実績と経験を活かして、投資にかかわる全ての関係者に実り多い成果をもたらしたい」と、櫻井氏。

  櫻井氏とともに雄渾キャピタル・パートナーズを立ち上げたのが阿部知樹氏。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

ドンキホーテHD<7532>、ユニー・ファミマHD<8028>傘下のユニーを買収

速報・トピックス

世界トップの人材会社へ鼻息荒いリクルート・グループ

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

世界トップの人材会社へ鼻息荒いリクルート・グループ

 マール企業価値研究グループ

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム