レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2019/02/06)

【第101回】【ユーザベース】三角合併による米国Quartz社の買収とPMIの現状

伊澤 太郎(コーポレート本部 Legal & Risk Management Team統括責任者)
太田 智之(Quartz Media CFO)
北米戦略を推進

――  米国Atlantic Media社から子会社のQuartz社を、いわゆる逆三角合併で2018年7月に買収されました。そこで、今回の買収の経緯、買収スキームとユーザベースのグローバル成長戦略について伺っていきたいと思います。まず、Quartz社買収の経緯についてお話しいただけますか。

伊澤  「Quartz社買収の経緯にも関係しますので、最初に弊社のコア事業についてお話したいと思います。当社は08年4月に設立され、2つのコアビジネスを展開しています。1つは、企業・業界情報プラットフォーム『SPEEDA』です。そしてもう1つがソーシャル経済メディアの『NewsPicks』です(NewsPicksは15年4月にユーザベースから分社化)。このNewsPicks事業は13年からサービスをスタートしていまして、プラットフォーム、メディア、コミュニティの3要素を融合するという、独自のビジネスモデルを築いてきました。また、広告収入のみに依存しがちなデジタルメディアの領域において、有料課金モデルを開拓して広告売上と課金売上を両立させることに成功しています。

  その成功を武器に、17年5月に、米国でニューズピックス社およびDow Jones社がそれぞれ50%ずつ出資をして合弁企業NewsPicks USA, LLCを設立し、米国市場に進出しました」

Quartz社買収の経緯

伊澤  「その後、Dow Jonesとのジョイントベンチャーで米国市場での成功の手応えを感じ、本格的な米国での事業展開を進めるために、ユーザベースの共同経営者である梅田が米国で優れた編集部門を作るための人材のヘッドハンティングを始めました。日本でNewsPicksを始めた時には、佐々木(紀彦・CCO)が編集長として入社してNewsPicks事業を成功に導いたということから、米国で成功するためにも、ベストな人材に来てもらうことは米国事業が成功するためのキーファクターだと捉えていました。そこで、梅田は米国のメディア業界に詳しい人へのヒアリングも重ねながら、界隈で評価が高い人物を何十人とリストアップし、何度も断られながらもひたすら会っていくということをやっていきました。その中には今回買収したQuartz社のJay Lauf(Quartz共同社長兼発行人)、Kevin Delaney(Quartz共同社長兼編集長)も含まれていました。

  Quartz社は…


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第5回】  リスク発見時の対応

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 グローバルM&Aにおける非財務リスクへの対応]

NEW 【第5回】 リスク発見時の対応

村崎 直子(クロール・インターナショナル・インク シニアアドバイザー)

<新連載>【第1回】京都銀行 営業本部 M&A推進室

スキルアップ

[地域金融機関にきく「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW <新連載>【第1回】京都銀行 営業本部 M&A推進室

日本政策投資銀行 企業戦略部

インテグラルが東洋エンジニアリングの再生に乗り出した理由

企業研究

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

NEW インテグラルが東洋エンジニアリングの再生に乗り出した理由


M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム