レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

2019年3月号 293号

(2019/02/15)

第167回 ベンチャー業界 ~変わるベンチャー創業者の意識

増田 政幸(レコフ スタートアップファイナンスグループ)
盛り上がりを見せるベンチャー企業M&A

 日本企業によるM&Aが活況だ。2018年のM&Aの件数は過去最多という。

 年々M&Aが増加している要因の一つとして、ベンチャー企業への投資があげられる。2018年においてもベンチャー企業が関連するM&Aは前年に比べて50%増加し、M&A件数の3割を占める。事業会社本体による投資も増えており、背景には、事業会社内に既存事業の将来性に対する危機感がある。かつてのような自社内だけで完結させていた体制ではイノベーションに対応するスピードやリソースの配分が限界になり、自社が保有していない技術力を持つベンチャー企業と組むことで迅速にイノベーションを実現し、新規事業の育成や主要事業の強化を狙う。

 一方、ベンチャー企業側においても意識の変化が起こっている。大企業の人材やネットワーク等のリソースを活用することで、更なる成長を目指す狙いがある。M&Aの「時間を買う」というメリットを出資する側とされる側の双方が享受できることが、ベンチャー企業への投資が活発になっている要因となっている。

 しかし、ベンチャー企業のM&Aには通常のM&Aと異なる側面があり、注意も必要だ。


増える事業会社自体によるM&A

 レコフデータの集計によると、2018年のベンチャー企業を対象としたM&Aの件数は、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

加熱する「M&Aマッチングプラットフォーム」市場

速報・トピックス

【第3回】取締役会はいかに価値創造に貢献するべきか

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第3回】取締役会はいかに価値創造に貢献するべきか

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
柳沢 和正(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

3月は467件 月間最多。日立、初の1兆円買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 3月は467件 月間最多。日立、初の1兆円買収

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム