レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

2016年7月号 261号

(2016/06/15)

第137回 医療機器業界 グローバルでの飛躍に向けて求められる新たなM&Aへの視点

 マール企業価値研究グループ

1. はじめに

  本年3月にキヤノンが医療機器大手の東芝メディカルシステムズ(以下「東芝メディカル」)を買収することが正式に発表された。取引形態が特殊であったことから注目を集めたが、それ以上に、6655億円という買収金額であり、2015年3月期の東芝メディカルの純利益が159億円であったことからすると、希少性の高い案件であることを考慮しても、高い評価でキヤノンが取得した結果となった。キヤノンは、複写機、カメラ、産業機器等の事業から構成される国内有数のトップ企業であり、従来から10%程度の営業利益率を安定的に稼ぎ出す企業体であるにもかかわらず、新たな成長分野としてヘルスケア分野を選択し、当該分野に大型の投資をおこなったことになる。ヘルスケア分野のうちでもとりわけ医療機器産業は、国内外における医療ニーズの増大から成長性が見込め、日系企業の活躍の余地も十分残されている大型分野といえる。本稿では、医療機器分野における業界状況を俯瞰したうえで、成長期待の高い同分野でのグローバルプレイヤーへの飛躍を目指したM&Aの活用可能性について考えることとしたい。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第77回】 【ソラスト】カーライルと組んだMBOから4年余、東証1部上場を実現させた経営改革のすべて

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

【第77回】 【ソラスト】カーライルと組んだMBOから4年余、東証1部上場を実現させた経営改革のすべて

 石川 泰彦(ソラスト 代表取締役社長)
 富岡 隆臣(カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージングディレクター)

[座談会]現場から見たASEANのM&A成功の条件

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

[座談会]現場から見たASEANのM&A成功の条件

 梅津 英明(森・濱田松本法律事務所 パートナー 弁護士)
 小黒 健三(やまと監査法人 パートナー、アクセルパートナーズ 取締役 公認会計士)
 塚本 信三(昭和電工 戦略企画部 グローバルビジネスプロジェクトリーダー)
 (50音順)
 (司会・構成)丹羽 昇一(編集長)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム