レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2015年5月号 247号

(2015/04/14)

ローソン傘下で新たな成長を目指す成城石井――丸の内キャピタルと組んでどう変身したか

スーパー事業拡大を狙うローソン

原 昭彦氏  ローソンは、2014年10月31日付で丸の内キャピタルから高品質スーパーの成城石井の全株式を譲り受けた。株式取得額は363億円、有利子負債を含めた総額は550億円強と見られている。

  小売業界は14年4月の消費増税後、苦戦を強いられているが、コンビニ業界も例外ではない。同業界では、最大手のセブン‐イレブン・ジャパンの独走態勢が続いており、2位のローソン以下のコンビニ大手を中核とした業界再編は必至との見方が強い(本誌2015年3月号「産業新地図」参照)。実際、コンビニ業界3位のファミリーマートと、同4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングス(GHD)が経営統合を目指すことで合意。16年9月をめどにファミリーマートがユニーGHDを吸収合併し、コンビニ事業を集約する動きに出た。

  一方のローソンは、14年2月にスーパー「ローソンマート」の展開を始めたほか、8月にはシネマコンプレックス(複合映画館)国内3位のユナイテッド・シネマを買収するなど事業の多角化を進めている。成城石井の買収は、その多角化戦略の一環である。ローソンは買収後も「成城石井」の店名は残す方針で、役員は派遣せず、現経営陣のもと、ローソンがコンビニで培った出店や物流、商品管理などの運営ノウハウを提供して成城石井を核にスーパー事業を拡大し、ほかのチェーンにはない収益源に育てるのが狙いだ。

  成城石井の13年12月期業績は、売上高544億円、営業利益33億円。これまでも、その高い成長力で注目されてきた。同社の創業は1927年。小田急線の「成城学園前」駅の果物店からスタートした。その後、食品スーパーマーケットに業態を転換したが、牛角などを傘下に持つレックス・ホールディングス(HD)が、04年10月に当時の石井良明社長など創業者一族から66.7%の同社株式を買収。さらに、株式交換により06年2月に完全子会社化した。その後、レックスHDは外食事業に集中するため、09年12月傘下のエーエム・ピーエム・ジャパンの株式をファミリーマートに売却したのに続き、11年5月末には成城石井についても丸の内キャピタルが運営するファンドに売却した。

成城石井の沿革

  丸の内キャピタルは、三菱商事と三菱UFJ証券ホールディングスの折半出資により08年4月に設立されたプライベート・エクイティ運営会社。投資ファンド「丸の内キャピタル第一号投資事業有限責任組合(総額1000億円)」を運営しており、これまでに、玩具メーカーのタカラトミーやホームセンターのジョイフル本田、自動車部品メーカーの山本製作所への投資実績を持っている。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム