レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2015年9月号 251号

(2015/08/17)

ビアメカニクス ―― 日立グループからカーブアウト、ロングリーチグループの支援でV字回復目指す

グローバル市場をリードしてきた優良企業

左から佐藤 琢也氏、吉沢 正道氏  日立製作所グループの日立ビアメカニクスが、プライベート・エクイティ(PE)ファンド「ロングリーチグループ」の下で抜本的な経営改革を図り、新たな成長戦略を描くことになったのは、2013年11月1日のことだった。

  同社は、最先端の電子機器産業を支えるプリント基板加工機とその周辺機器の製造・販売・サービス事業を展開し、なかでも主力製品のプリント基板ドリル穴明機とレーザー加工機は、日本だけでなく世界でも高いシェアを獲得している。しかし近年は、リーマンショック後の需要低迷や新興国企業の台頭に伴って、事業を取り巻く競争環境が厳しさを増し、約600億円近い売上高を計上した時期もあったが、赤字を余儀なくされていた。

  同社のカーブアウトの背景には、日立製作所グループの業績悪化に伴う再編があった。09年3月期に7873億円という、製造業として過去最悪の最終赤字を出した日立製作所は、同年4月に会長兼社長に就任した川村隆氏を中心とする大改革に着手、情報・通信、電力、鉄道など社会イノベーション事業に経営資源を集中させる一方で、ハードディスク、テレビなど非中核事業を切り離すという大胆な選択と集中を断行し、14年3月期には営業利益が5328億円と過去最高益を上げて見事なV字回復を見せた。

  こうした日立製作所グループの選択と集中政策の一環として日立グループを離れ、ロングリーチグループの傘下に入った日立ビアメカニクスは、13年11月1日ビアメカニクスと社名も変更して新たなスタートを切った。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

4月は422件 ベインキャピタル連合、日立金属を買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 4月は422件 ベインキャピタル連合、日立金属を買収

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム