M&A専門誌マール

2016年11月号 265号 : マールレポート ~企業ケーススタディ~

ローソングループの中で、存在価値を高めるローソンHMVエンタテイメント――坂本健社長が語る成長戦略 有料記事です

ユナイテッド・シネマ買収で事業領域を拡大

坂本 健(ローソンHMVエンタテイメント 代表取締役社長)  ローソングループのエンターテインメント事業を担っているのが、ローソンHMVエンタテイメント(以下LHE)である。

  LHEは、ローソンのチケット販売子会社だったローソンエンターメディア(以下LEM)と、ローソンが10年12月に買収した音楽・映像ソフト販売大手のHMVジャパンが合併して11年9月に誕生した。HMVジャパンは、90年に英HMVの日本法人として日本市場に進出、米タワーレコードとともに、洋楽ブームを背景に業容を拡大させた。しかし、CD市場の縮小を受けて業績が悪化、07年には大和系ファンドが100%子会社化し、10年8月には東京・渋谷の旗艦店も閉めるなど経営改革を進めてきていた。ローソンによる買収当時は、ショッピングモールを軸に34店を展開し、10年4月期の業績は売上高309億円、営業利益マイナス7.6億円という状況だった。業績不振とはいえ、HMVオンラインは音楽ソフト販売ではアマゾンジャパンに次ぐ規模。一方のLEMもチケット販売では国内トップクラスであり、両社の合併によって、コンサート等のチケットとCD・DVD・グッズ等の商材を同時に取り扱う、独自のエンターテインメント事業を展開することが更なる成長に繋がると考えた。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
業界動向 , 企業研究 , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る

日本企業のM&A戦略分析ツール|レコフM&Aデータベース|無料トライアル申込み受付中!

  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。
レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2016」(M&Aレポート2016)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop