レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2020/08/04)

経済産業省、経営資源移行の円滑化に向け「事業再編実務指針」を策定

 経済産業省は、事業再編研究会における議論等を踏まえ、「事業再編実務指針~事業ポートフォリオと組織の変革に向けて」を2020年7月31日に策定・公表した。

 経営環境が急激に変化する中、企業が持続的な成長を実現していく上では、経営資源をコア事業の強化や成長事業・新規事業への投資に集中させることが必要となる。このような経営資源の移行を円滑に進めるためには、事業ポートフォリオの見直しとこれに応じた事業再編の実行が急務となっているが、事業の切出しに対しては消極的な企業も多く、必ずしも十分に行われていない状況にある。

 こうした現状を踏まえ、2019年12月19日開催の未来投資会議の中間報告において、事業再編を促進するため、取締役会の監督機能の強化等の在り方について指針をとりまとめるとの方向性が示された。これを受け、経済産業省は2020年1月より事業再編研究会を設置し、6回にわたり検討が行われた。…

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

ベトナムの製菓業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの製菓業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム