[M&A戦略と会計・税務・財務]

2010年11月号 193号

(2010/10/15)

第41回 グループ法人税制のグループ経営への影響

税理士法人プライスウォーターハウスクーパースマネージング・ディレクター 荒井 優美子
  • A,B,EXコース
グループ法人税制の導入や清算所得課税の廃止等を内容とする新税制が、平成22年10月1日から施行された。新税制は「資本に関係する取引等に係る税制の見直し」の根幹を成すもので、既存の法人課税制度を大きく変容させるものである。既に本誌においても数回に亘り新税制の概要を紹介したが、本号と次号では新税制が企業のグループ経営や会計に与える影響について考察することとしたい。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事