[寄稿・寄稿フォーラム]

2012年4月号 210号

(2012/03/15)

日本企業のためのインドM&A戦略

西村あさひ法律事務所 弁護士(パートナー)武井 一浩/弁護士(シンガポール事務所代表)久保 光太郎/弁護士 吉峯 亮子/弁護士 迎 奈央子
  • A,B,EXコース

世界的に厳しさを増す経済状況下で、インドはグローバルなリスク分散拠点として注目度を高めている。円高環境で過酷なグローバル競争の渦中にある日本企業にとっても、2011年夏に発効した日印経済連携協定(CEPA)をテコに、インドの経済成長を取り込む経営戦略が一層重要となってきている。
M&Aを含めインド進出に当たっては、外資規制、会社法、証取法、税法、競争法、労働法等、様々な法規制に精通しておく必要がある。インドでは、最近も会社法や税制度の改正等が検討されるなど法改正の議論が盛んで(なお、改正が実現するかどうかは別問題)、外資規制をまとめたポリシーも半年に一回更新されるなど、最新動向を常に注視しておく必要がある。
そこで本稿は日本企業として留意しておくべきポイントを10項目、簡潔に紹介する。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

アクセスランキング