[寄稿・寄稿フォーラム]

2013年3月号 221号

(2013/02/15)

韓国M&A投資における実務上のポイント・留意点

 木下 智幸(プライスウォーターハウスクーパース)
 金 鍾碩(韓国・三逸会計法人)
  • A,B,EXコース

   日本、中国の間に位置し、常に両国を意識しつつ発展を遂げてきた韓国。世界主要国とのFTA(Free Trade Agreement)締結は、韓国をより一層のグローバル国家として成長させる大きな可能性を秘めている。
   日本企業による投資も増加傾向にあり、近年では日韓企業が共同で他のアジアの国々へ進出する動きも活発化しつつある。
   本稿では、日本企業による対韓国M&A投資に関連した韓国の法制度や事例を紹介しつつ、特に考慮すべき実務上のポイント・留意点につきまとめた。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事