レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[特集・特別インタビュー]

2014年5月号 235号

(2014/04/15)

ユニダックス――世界最大級の電子部品商社アヴネットの傘下で成長戦略を描く

 岡田 敬太郎(ユニダックス 取締役常務執行役員営業本部長)

岡田 敬太郎氏

  米国の大手電子部品商社であるAvnet(アヴネット)は、2010年東京証券取引所第1部上場のユニダックスをTOBによって買収(買収金額は約129億円)、ユニダックスは同年9月上場廃止した。

  ユニダックスは、世界各国の安全規格電子部品の輸入販売を目的に、立花篤実氏が日本ユニコンとして1972年に設立。半導体、電池、電源、抵抗器などの国内外の電子部品をデジタル家電や産業向けのエレクトロニクス製品を製造する電子機器メーカーに販売してきた。86年にマイコン開発支援装置メーカーの国際データ機器と合併し、社名をユニダックスに変更。それ以後、94年に電子機器輸入専門商社のエヴィックと合併、98年に半導体専門商社の兼松電子部品と合併、02年に同じく半導体専門商社のダイヤセミコンシステムズと合併して業容を拡大、輸入半導体をコアに、主だった電子機器メーカーを顧客に持つ有力な独立系エレクトロニクス商社に成長。90年には日本証券業協会に株式を店頭登録、03年には東証1部上場を果たした。また顧客である日本の電子機器メーカーが生産拠点をアジア諸国に移転する動きに合わせて、89年シンガポールにユニダックス エレクトロニクス PTE LTD(現アヴネットEMジャパン・アジア LTD)を設立したほか、香港、上海、タイ、マレーシアと海外拠点も拡大してきている。ちなみに、09年度の売上高は約389億円だった。

  一方、アヴネットは1921年米国ニューヨークに設立。電子部品、半導体、企業向けコンピュータ・ストレージ製品、並びに組込サブシステムの販売をベースとし、Arrowと並ぶ世界最大級の電子部品商社である。世界80カ国に300以上の拠点を持ち、13年6月期の売上高は約2.5兆円に上る。

  アヴネットは電子部品における世界最大マーケットの1つである日本を重要な市場と位置づけ、05年英国の電子部品商社メメック社の買収を契機にメメックジャパンをアヴネットジャパンへと社名変更して日本市場に参入した。08年には50年を超える業歴を持ちデザイン力と技術力で高い評価を得ていた電子部品商社である日本電素工業を買収している。

   ユニダックスがなぜアヴネットの買収を受け入れたのか、買収交渉にあたった岡田敬太郎・取締役常務執行役員営業本部長に話を聞いた。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム