M&A専門誌マール 2014年5月号 235号(2014/04/15発売)

特集: 外資企業との連携で成長戦略の実現を図る

政府は日本再興戦略の中で対日直接投資倍増を目指すとし、その促進に向けた取り組みに注力している。対日直接投資の中で大きなウエイトを占める対日M&A(OUT-IN)については、リーマンショック後伸び悩んでいたが、2013年にはアプライド・マテリアルズと東京エレクトロンとの経営統合など大型の戦略的案件も出現し、回復の兆しにある。本特集では、外資企業との連携、資本導入を戦略的・積極的に活用することによって成長戦略の実現を図ることを決断した中堅・中小企業を取り上げ、その戦略と実際について座談会やインタビューを通じて立体的にレポートする。また、経済産業省貿易経済協力局貿易振興課には、4月に公表した「海外事業者との投資提携事例集(協業で未来を拓く)」を紹介いただいた。海外事業者との投資提携を行うことで成功している日本の中堅・中小企業の事例を掲載するとともに、そのメリット・リスクや投資提携を進める際にポイントとなる点、留意すべき点などを整理してまとめている。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2014年

年別一覧

アクセスランキング