[データを読む]

2015年1月号 243号

(2014/12/15)

「新興市場企業のM&A動向(4)」1-11月期、7.0%増。顔ぶれに変化

  • A,B,EXコース

  ジャスダックなどの新興市場に上場する企業が当事者(買い手または売り手)となるM&Aは、1-11月期336件と前年同期比7.0%の増加となった。新興市場企業のM&Aは2011年を底に回復し、2012年以降、毎年増加を続けている。買い手、売り手の内訳はそれぞれ216件と131件で買い手が多い。常連だった楽天やサイバーエージェントが東証1部へ移籍するなかで、成長ベンチャーなど新たな顔ぶれも目立ってきた。他方、売り手ではMBOによる非上場化が4件あり、自ら市場を退場する企業が依然として後を絶たない。最近の新興市場企業の動きをまとめてみた。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事