レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2017年7月号 273号

(2017/06/15)

【マクサス・コーポレートアドバイザリー】中規模M&A案件を中心に高い専門性を持ってサービスを提供

 森山 保(代表取締役社長)

森山 保氏  マクサス・コーポレートアドバイザリーは、2013年4月森山保氏によって設立された、M&Aのアドバイザリー会社。

  森山氏は、東京大学経済学部を卒業。大学在学中(94年)に公認会計士試験二次試験に合格し、太田昭和監査法人(現、新日本有限責任監査法人)国際部に入所。提携先のErnst & Young LLP ニューヨーク事務所の勤務を経て、01年にスターンスチュワートに入社し、EVA導入等の財務コンサルティング業務に従事。02年野村企業情報(現、野村證券企業情報部)に入社し、M&A及び企業再生業務に携わる。07年創業メンバーとしてフロンティア・マネジメントに参画し、FA部門を統括。その後、13年マクサス・コーポレートアドバイザリーを設立した。同社は、創業4年でトムソン・ロイター及びブルームバーグが公表する2016年の国内M&Aリーグテーブル(案件数ベース)において、それぞれ12位及び9位にランクインするなど、存在感を高めている。

「当社の特徴は、数億円台後半~数十億円程度の中規模M&A案件に特化しているところにあります。M&A案件は規模が大きくなるほど企業財務や法律、会計、税務といった専門性を持ったアドバイザーのニーズが高まります。一方で小規模案件については、仲介・マッチングを行うアドバイザーが多く、マッチング能力は高いかもしれませんが、専門性が不足しているケースが少なくありません。中規模案件では、専門性と機動性の双方が求められます。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第4回】 企業/事業の競争力とは

スキルアップ

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

NEW 【第4回】 企業/事業の競争力とは

松田 克信(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション パートナー)

岸田祐介 スターフェスティバル代表取締役 CEO

座談会・インタビュー

[連載対談 THE GREAT INNOVATORS ―― 原田泳幸と未来を牽引するイノベーターたち]

NEW 岸田祐介 スターフェスティバル代表取締役 CEO

原田 泳幸(ゴンチャジャパン 代表取締役会長兼社長兼CEO、原田泳幸事務所代表取締役)
岸田 祐介(スターフェスティバル代表取締役 CEO)
久保田 朋彦(GCAテクノベーション 代表取締役)(司会)

新型コロナでM&A市場はどうなってしまうのか

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム