レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2018年8月号 286号

(2018/07/17)

【FBマネジメント】マーケティングPRから事業承継まで、地方の老舗企業を総合的に支援する

山田 一歩(代表取締役社長)
山田 一歩氏
山田 一歩氏
 FBマネジメントは、老舗企業向けのマーケティングPR支援専門会社として2014年5月に設立された。

 「当社は、日本初の老舗企業向け実働型マーケティングPR支援専門会社としてスタートしましたが、25年までに中小企業の約3割にあたる127万社で後継者不在となり、650万人の雇用、22兆円のGDP逸失の恐れがあるという衝撃的な経産省の予測が出ています。まさに、中小企業は『大承継時代』、『大廃業時代』を迎えている状況です。しかし、事業承継についてみても準備には5〜10年が必要とされるといわれる中で、経営者の3人に1人以上が相談相手がいなかったり、70代の経営者でも半数以上が準備未着手という調査結果もあります。

 当社は、これまで年商15~50億円ぐらいの老舗中小企業を130社近くご支援してきました。そうした実績を踏まえて、オーナー経営者のビジョンやステージに合わせてワンストップ・ソリューションを提供することで経営基盤強化、事業承継準備をスムーズに取り組めるように、18年4月から『マーケティングPR支援事業部門』、『アドバイザリー事業部門』、『インベストメント事業部門』という3事業部門体制に拡大してサービス提供を開始しました」と語るのは、同社の山田一歩代表取締役社長。

 山田氏は、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

デジタル経済における独禁法上のM&A規制リスク

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

デジタル経済における独禁法上のM&A規制リスク

石垣 浩晶(NERAエコノミックコンサルティング 東京事務所代表/マネジングディレクター)

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム