[M&Aの現場から]

2020年11月号 313号

(2020/10/15)

【リアルテックファンド】リアルテック特化型ベンチャーキャピタルファンドを運営

永田 暁彦(リアルテックファンド代表業務執行役、ユーグレナ取締役副社長)
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
永田暁彦氏

永田 暁彦氏

 リアルテックファンドは、2015年に、藻の一種であるユーグレナ(和名:ミドリムシ)を主に活用し食品や化粧品の販売、バイオ燃料の研究等を行っているバイオテクノロジー企業ユーグレナの100%子会社であるユーグレナインベストメントとSMBC日興証券、リバネスの3社が設立した「合同会社ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル」が管理運営する、リアルテック育成ファンドとしてスタートした。

 その後、ユーグレナとリバネスは、ユーグレナの100%子会社であるユーグレナインベストメントを両社の合弁会社に改編。さらにユーグレナインベストメントは、商号をリアルテックホールディングスに変更し、SMBC日興証券と共同出資で「リアルテックファンド」を管理運営していた「合同会社ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル」の商号を、2020年2月「合同会社リアルテックジャパン」に変更した。(下図参照)

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事