レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

事業再生ADR
英語:Alternative Dispute Resolution on business revitalization
事業再生ADRとは、過剰債務に悩む企業の問題を解決するための、裁判外紛争解決手続きのひとつ。会社更生法や民事再生法などの法的手続によらずに、債権者と債務者の合意に基づき、債務の猶予・減免等を行う。「裁判外紛争解決手続きの利用の促進に関する法律(ADR法)」を根拠法とし、法務大臣の認証を受けた事業者(認証ADR機関)が実施する。

関連記事

M&A戦略・実務

2019年4月号 294号

[M&A戦略と法務]

産業競争力強化法改正における商取引債権考慮規定の創設

相澤 豪(TMI総合法律事務所 パートナー)

M&A戦略・実務

2017年1月号 267号

[M&A戦略と法務]

債務免除を伴う私的整理を利用したM&A

 谷津 朋美(TMI総合法律事務所 弁護士 公認会計士)

M&A戦略・実務

2014年10月号 240号

[M&A戦略と法務]

事業再生におけるM&Aの留意点(否認権行使リスクの回避について)

 佐藤 真太郎(TMI総合法律事務所 弁護士)
 松永 耕明(TMI総合法律事務所 弁護士)

視点・寄稿

2010年6月号 188号

[寄稿・寄稿フォーラム]

事業再生ADRの意義と課題

一橋大学教授 山本 和彦

座談会・インタビュー

2010年6月号 188号

[対談・座談会]

事業再生ADRとM&A――活用と融合に向けて

出席者松嶋 英機 弁護士(事業再生実務家協会代表理事、西村あさひ法律事務所代表パートナー) 坂井 秀行 弁護士(坂井・三村・相澤法律事務所)司会・構成 川端 久雄 (マール編集長 日本記者クラブ会員)

視点・寄稿

2010年6月号 188号

[寄稿・寄稿フォーラム]

ある不動産デベロッパーの事業再生ADR手続

森・濱田松本法律事務所 弁護士 井上 愛朗

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム