[M&A用語]

コベナンツ

英語 :Covenants

コベナンツ(Covenants、誓約事項)は、M&A契約においては、契約締結日からクロージング日の間そしてクロージング日以降に、各当事者が行うべき行為や、逆にしてはならない禁止事項を規定(つまり互いに一定の行為を約束・誓約)する条項である。
クロージングまでのコベナンツの例としては、売主側においては、取引実行に必要となる取締役会(又は株主総会)の承認の取得などの手続関連の規定のほか、クロージング日までの間対象会社や資産を通常の業務の過程に従って運営すること等が規定され、買主側においては競争法(独占禁止法)上要求される届出の実施などが規定される。クロージング後のコベナンツの例としては、売主側においては一定期間の競業避止や役員・従業員の勧誘の禁止、買主側においては対象会社の従業員の継続雇用や売主が対象会社の債務に対して行っている個人保証の解除などが規定される。

用語カテゴリー:

更新日:2018年04月01日

キーワードを入力して探す

カテゴリーで探す

五十音順で探す

※追加や必要な用語がございましたら、こちらまでご連絡ください。弊社で検討の上、反映させていただきます。