レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2016年12月号 266号(2016/11/15発売)

特集:
M&A関連法制等の動向と実務への示唆 [2016年版]

2016年のM&A関連法制の動きを振り返ってみると、税制と会社法の各分野において、重要な最高裁判所の判決・決定が出た点が注目される。1つは税制関連で、いわゆる「ヤフー事件」の判決だ。ヤフーが買収したIDCSの繰越欠損金約540億円の引き継ぎが税務上否認され約265億円の追徴課税が行われた事件。租税回避行為という税務当局の言い分が通りヤフー側の敗訴となったが、その根拠となった法人税法132条の2(いわゆる包括否認規定)の適用の可否が初めて最高裁で争われ、一定の考え方が出されたケースだ。もう1つは会社法関連で、いわゆる「ジュピターテレコム事件」の最高裁決定。TOB後のスクイーズアウトの価格が争われたが、下級審の決定を最高裁が覆して、TOB価格と同額でよいとした画期的なものだ。いずれも、今後のM&A実務に大きな影響を与えそうだ。その他、「平成28年税制改正」には重要なM&A関連規定の改正が含まれ、平成26年会社法改正で導入された株式売渡請求制度がスタートして1年以上が経過し、スクイーズアウトの手法も大きく変化した。
本特集座談会では、弁護士・武井一浩氏の司会・進行のもと、税理士・中村慈美氏、弁護士・髙木弘明氏にお集まりいただいて、2016年の動きを整理し、あわせて今後の実務への示唆や課題について議論頂いた。

[座談会] M&A関連法制等の動向と実務への示唆 [2016年版]

座談会・インタビュー

 中村 慈美(中村慈美税理士事務所 税理士)
 髙木 弘明(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)
 武井 一浩(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)(司会)

今月のコンテンツ

損保ジャパン、米同業を6394億円で買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

損保ジャパン、米同業を6394億円で買収

GLOBAL M&A 2016年12月号

マーケット動向

[GLOBAL M&A]

GLOBAL M&A 2016年12月号

M&Aと経営戦略と経営者

視点・寄稿

日本初の“温泉旅館特化”REITを上場した大江戸温泉HDの狙い

企業研究

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

日本初の“温泉旅館特化”REITを上場した大江戸温泉HDの狙い

第114回 「顧客の心に蓄積される価値」に関する評価モデルの提案

M&A戦略・実務

第142回 コンビニエンスストア業界 コンビニ大手、成長持続へM&Aで次の一手を模索

マーケット動向

第20回 『心を動かすKPIと営業レポート』

M&A戦略・実務

[【小説】新興市場M&Aの現実と成功戦略]

第20回 『心を動かすKPIと営業レポート』

2016年10月の全国・地域別M&A状況

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

2016年10月の全国・地域別M&A状況

次号予告と編集後記(2016年12月号)

その他

刊行一覧 2016年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2020年刊行一覧
  2. 2019年刊行一覧
  3. 2018年刊行一覧
  4. 2017年刊行一覧
  5. 2016年刊行一覧
  6. 2015年刊行一覧
  7. 2014年刊行一覧
  8. 2013年刊行一覧
  9. 2012年刊行一覧
  10. 2011年刊行一覧
  11. 2010年刊行一覧
  12. 2009年刊行一覧
  13. 2008年刊行一覧
  14. 2007年刊行一覧
  15. 2006年刊行一覧

M&A記事ライブラリー

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム