レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[編集部から]

2012年6月号 212号

(2012/05/15)

次号予告と編集後記

 

次号予告

特集:対日直接投資促進とM&A 6月15日発売予定


編集後記

■マールの2006年5月号から2012年5月号までの約6年間、表紙や紙面のデザインを手がけていただいたdoppo(ドッポhttp://doppoinc.com/)のイシザキミチヒロさんは、デザイン会社のクラフトなどを経て、05年に独立、06年にdoppoを設立しました。独立独歩の「doppo」だそうです。著名な食品会社の商品のパッケージデザインなどを手がけておられます。
編集部は、写真家の十文字美信先生(http://jumonjibishin.com/)を介して同氏と出会い、縁あってデザインをお願いすることになりました。当時、インタビュー先の経営者の写真をアップで紙面いっぱいに掲載したデザインを見て編集部の誰もが驚きましたが、記事の内容を読者の皆様に“伝える”ためには、文章だけでなく写真やデザインも重用な役割をもつことを改めて認識させてもらいました。また、十文字先生の写真を使った表紙デザインは、M&Aの多様性やダイナミズムを格調高く表すとともに、マールのイメージ向上に大きく貢献したと確信しています。心から感謝しています。
いよいよ今月号から記事がウェブに一本化されました。これからはいくらデザインがよくても、読者の皆様は、読む意思がないとサイトを訪れてくれません。どうやったら皆様に“伝える”ことができるのか、試行錯誤の毎日が続きます。今後ともご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。(優)

*******************************************

■「M&A専門誌マール」は、2003年より書店での店頭販売を行って参りましたが、今月号から「MARR Online」でのサービス提供に全面移行されました。書店担当者としては移行が無事終わってほっとした反面、幾分寂しい思いもございました。ただ、今はこれまでの書店を介した間接的な読者の皆様との距離が、直接的になることへの喜び、やり甲斐を感じています。縮まった距離を生かし、よりニーズに即した情報提供を目指していきます。これからもマールをよろしくお願いいたします。(郁)
 

 

バックナンバー

おすすめ記事

【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

NEW 【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム