レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【小説】経営統合の葛藤と成功戦略]

2013年6月号 224号

(2013/05/15)

第48回 『統合とリストラクチャリングの両立』

 神山 友佑(デロイト トーマツ コンサルティング)

   山岡ファイナンスサービス社と渋沢ファイナンスコーポレーション社では、従業員の間にも半年後に迫る経営統合の当事者意識が徐々に芽生えつつあった。
   一方山岡FS社では、経営統合準備と並行し水面下で大規模な構造改革が迫られていた。プランが大詰めを迎えつつある中で、統合推進事務局長の松尾明夫は、その発表が与える従業員への影響を懸念していた。

芽生え始めた当事者意識

   山岡FS社の統合推進事務局長である松尾明夫は、渋沢FC社との経営統合準備に日々追われていた。具体的な経営統合計画が社内外に発表されたこともあり、各領域では抽象的な総論に終止符が打たれ、きわめて実務的な各論レベルでの討議が本格化していた。これまで本社内で完結していた統合準備作業はすそ野を広げ、まさに両社の全階層が経営統合を意識し準備に邁進するステージに入ったのだ。
   大きな車輪がようやく回り始めた感があり、各専門部会は自律的に協議を進めるようになっていた。数カ月前の深刻な対立モードが完全に払拭されたわけではないが、両社の従業員の中で何かが変わろうとしていた。経営統合を自らの現実として直視し、従業員それぞれの中で当事者意識が芽生え始めてきたのだ。

対外発表の効用

   合併白紙という危機を迎えた中で、両社社長がトップダウンで新たな統合計画を描き出し、そして自らの言葉で社内を丁寧に説いて回ったことが奏功したのかもしれない。しかしそれ以上に、多くの従業員には対外発表の影響が大きかったのではないかと松尾は感じていた。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

加熱する「M&Aマッチングプラットフォーム」市場

速報・トピックス

【第3回】取締役会はいかに価値創造に貢献するべきか

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第3回】取締役会はいかに価値創造に貢献するべきか

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
柳沢 和正(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

NEW 【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム