レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[CLOSE-UPトップの決断]

2008年9月号 167号

(2008/08/15)

市場調査会社としての独立性を保つべく株式公開を目指す

矢野経済研究所 水越 孝 社長

MBO

――2004年8月にオープンインタフェース株式会社の子会社になった後、07年11月に日本プライベートエクイティ株式会社と組んでMBOしました。まず、市場調査会社の老舗が買収された経緯から。

「当社は1958年に矢野雅雄が創業、市場調査会社のパイオニアとして確固たる地位を築いてきました。バブル経済下の80年代に入ると急速に業容を拡大、ピーク時の売上高は63億円に達しました。そうした状況にあって、当社も店頭市場への株式登録を目指すこととなりました。91年秋には無事登録審査に通ったのですが、直後、バブル経済が崩壊、株式市場の急速な縮小を受けて新規登録が全面ストップという事態となりました。
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

加熱する「M&Aマッチングプラットフォーム」市場

速報・トピックス

日本企業のM&A 四半期統計(2021年1-3月)

マーケット動向

[M&A四半期レポート・統計]

NEW 日本企業のM&A 四半期統計(2021年1-3月)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム