レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[藤原裕之の金融・経済レポート]

(2021/06/10)

サステナブルに対するアパレル業界の勘違い ~「気付いたらサステナブルになっていた」を目指す

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)
<この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます>

サステナブルと企業価値が結びつかない理由

~ やらされ感満載のサステナブル対応

 企業経営のテーマとして「サステナブル」が話題にならない日はない。さらにここにきてサステナブルを求める声はますます高まっている。米アップルは3月31日、同社に納める製品の生産に使う電力をすべて再生可能エネルギーでまかなうと表明したサプライヤーが110社を超えたと発表した。

 そして今、サステナブル経営が最も求められているのがアパレル業界だ。本連載でもかつてアパレル企業とサステナブルについて取り扱ったが、最近のアパレル企業は「サステナブル一色」といっていい。リサイクルの素材を使って作りすぎを無くし、ゴミとなってでてきたものは再利用するという、食物連鎖の絵のようなものを紹介している企業もある。

 一見するとサステナブルに必死に対応しているようにみえる。しかしどこか違和感を覚えるのは筆者だけでないだろう。違和感の正体は「やらされ感」だ。必死にサステナブル対応をアピールする姿は不祥事対応に追われる企業の姿と酷似する。内発的に行っているのではなく、世の中がサステナブルを求めているからやっている感がにじみ出ているのだ。

 やらされ感満載でサステナブルをアピールしても、消費者はそのブランドの洋服をワクワクして購入したくなるとは思えない。筆者の周りをみても「この洋服、サステナブルだから購入した」という人はあまりみたことがない。

~ サステナブルで商品は売れない

 当のアパレル企業自身も「サステナブルだから売れる」とは思っていないのではないだろうか。「世間がサステナブルを求めているから」「今はサステナブルがトレンドだから」と言い聞かせながら対応している節がある。やらされ感を持ちつつ対応しているので本腰が入らないのも無理はない。アパレル企業はその違和感に真正面から向き合わない限り真の意味でサステナブル経営をモノにすることは不可能である。

 実際のところサステナブルに対するアパレル企業の違和感は正しい。すなわち「サステナブルだから売れる」わけではないのだ。サステナブルと売り上げ(企業価値)のジレンマを解決しない限り、アパレル業界が真にサステナブル経営を取り入れることは不可能なのである。

「気付いたらサステナブルになっていた」を目指す

 ではサステナブルと売り上げの両立はどのようにすれば実現できるのか。それはあえて「サステナブルを目標としない」ことだ。目指すべきはあくまで「顧客を魅了する商品を提供する」ことにある。社員が熱狂しながら作り出した商品は自信をもって顧客に届けたくなるはずであり、結果として

「気付いたらサステナブルになっていた」

 となるのが理想である。



■藤原 裕之(ふじわら ひろゆき)

略歴:
弘前大学人文学部経済学科卒。国際投信委託株式会社(現 三菱UFJ国際投信株式会社)、ベリング・ポイント株式会社、PwCアドバイザリー株式会社、一般社団法人日本リサーチ総合研究所を経て、2020年4月より合同会社センスクリエイト総合研究所代表。株式会社東京商工リサーチ客員研究員を兼任。専門は、リスクマネジメント、企業金融、消費分析、等。日本リアルオプション学会所属。
ブログサイト「藤原裕之のブログ アートとサイエンスの「あいだ」」を運営。

※詳しい経歴・実績はこちら
※お問い合わせ先:hiroyuki.fujiwara@sense-create.co.jp

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム