レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」を読む ~経済産業省 海外M&A研究会報告書より]

(2018/06/06)

【第1回】海外M&A成功に向けた3つの要素

小高 正裕(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 クロスボーダーM&A担当 パートナー)
海外M&A研究会発足の背景

  激化するグローバル競争のなかで、日本企業による海外M&Aが増加傾向にあり、その有効性が増していることは論を俟たないが、一方で当初期待された成果を十分に挙げられていないケースが注目を集めることも少なくない。

図表1 日本企業によるM&Aのマーケット別推移



  こうした状況を踏まえて、経済産業省は2017年8月に「我が国企業による海外M&A研究会」(以下、海外M&A研究会)を設置した。海外M&A研究会の目的は、これまでに海外M&Aに積極的に取り組んできた企業の取り組みや有識者等の知見を踏まえ、日本企業が今後海外M&Aに取り組んでいくための羅針盤となるべく参考になるポイントを整理することであった。デロイト トーマツ コンサルティングも本研究会の事務局として参画し、有識者ディスカッション、政策シンポジウム、企業ヒアリング、アンケート調査を通じて、ポイントの整理を支援させて頂いた。

  その成果は、2018年3月に調査報告書として公開されており、加えて本報告書の内容を経営者に活用してもらうために、「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」(以下、9つの行動)としてコンパクトに取りまとめた。

  本連載では、9つの行動についてその背景にある考え方や実際の企業の取り組み例などの紹介をする。それを通じて、日本企業の海外M&Aに対する理解の促進、ひいては海外M&A成功の一助になれば幸いである。

  9つの行動の全体像をご紹介する前に、初回である今回は本報告書において海外M&Aを実施していく上でのポイントとして定義している「海外M&A成功に向けた3つの要素」を解説したい。

図表2 成功に向けた3つの要素


M&A戦略ストーリーの構想力

  海外M&A成功に向けた3つの要素の1点目は、M&A戦略ストーリーの構想力である。このポイントは、全てのM&Aの成否の分かれ目の起点と言っても過言ではない。M&Aの「成立ありき」に陥ることなく…


デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

■筆者略歴
小高 正裕(こたか・まさひろ)
海外企業買収後の統合支援(クロスボーダーPMI)、グローバル・グループ・ガバナンス構築や組織再編など、日本企業のグローバリゼーションを支援するプロジェクトを、消費財、金融、ライフサイエンス、ハイテク、化学、エネルギーなどの業界にて数多く手掛ける。海外企業買収後の業績立て直しや、海外M&A推進能力向上に関するコンサルティングも実施している。
クロスボーダーPMIに関するメディアへの寄稿やセミナーなど多数実施。





続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

石田 雅彦(DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 コーポレート部門代表パートナー 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
Danish Hamid(ダニッシュ・ハミド: DLA Piper ワシントンDCオフィスパートナー)
(協力:丸山 翔太郎 [DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 アソシエイト 弁護士] )

【第51回】【ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア】39億8800万米ドルの6号ファンドをクロージング。その対日投資戦略とは?

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

【第51回】【ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア】39億8800万米ドルの6号ファンドをクロージング。その対日投資戦略とは?

 丸岡 正(マネージング ダイレクター)
 シェーン プリディーク(マネージング ダイレクター)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム