レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[藤原裕之の金融・経済レポート]

(2018/07/11)

ゾゾスーツが示すアパレル市場の未来 ~ 進むファッションの個人化

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)
ゾゾスーツはアパレル市場を変えるか

  低迷状況が続く国内アパレル業界の中で、気を吐いているのがZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営するスタートトゥデイである。ご存知の通りゾゾタウンは衣料品を対象としたマーケットプレイス型のプラットフォームである。ゾゾタウンに出品するブランド企業からの手数料が主な収益源である。ゾゾタウンはマーケットプレイスとして非常に集客力が高いため、ブランド側は高い手数料を払ってでも出店する。現在6,800以上のブランドがゾゾタウンに出品している。

  そうした中で昨今話題になっているのが昨年11月に発表された身体計測スーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」である(図表1)。同社の前澤社長はゾゾスーツについて「世界中で服のサイズに悩んでいる人たちを笑顔にしたい」と熱く語っている。ゾゾスーツは低迷する国内アパレル市場の救世主となりうるのだろうか。

  図表1  ゾゾスーツ

     


トレンド市場業界の商社となるゾゾタウン

  ゾゾスーツについて考える前にアパレル系プラットフォームのゾゾタウンがなぜこれほどの急成長を遂げてきたか整理しておこう。

  ゾゾタウンがここまで伸びてきたのはアパレル市場、特に中間価格帯のトレンド市場の構造変化が関係している。ローランドベルガー社によると…


■藤原 裕之(ふじわら ひろゆき)

略歴:
弘前大学人文学部経済学科卒。国際投信委託株式会社(現 三菱UFJ国際投信株式会社)、ベリング・ポイント株式会社、PwCアドバイザリー株式会社を経て、2008年10月より一般社団法人 日本リサーチ総合研究所 主任研究員。専門は、リスクマネジメント、企業金融、消費分析、等。日本リアルオプション学会所属。

※詳しい経歴・実績はこちら
※お問い合わせ先:hiroyuki.fujiwara@research-soken.or.jp

 

 



続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

TOBと株式交換における買収プレミアムの違いを考える

速報・トピックス

第163回 サービス業界~スペース・シェアリング・ビジネスを牽引するティーケーピー(日本)とウィーワーク(米国)

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

第163回 サービス業界~スペース・シェアリング・ビジネスを牽引するティーケーピー(日本)とウィーワーク(米国)

澤田 英之(レコフ 企画管理部 リサーチ担当)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム