レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2015/10/14)

【第61回】「ベンチャーブーム」で終わらせないための3つの取り組みについて

 仮屋薗 聡一(一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長(代表理事)、グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージング・パートナー)



ベンチャー・エコシステムの拡大・発展

―― 日本ベンチャーキャピタル協会(*)(以下JVCA)の第6代会長である尾崎一法氏が、任期半ばの2015年4月7日逝去されました。その後を受けて仮屋薗さんが第7代会長に就任されたわけですが尾崎前会長の基本方針をさらに推し進めるという重責を担われることになりましたね。

「JVCAは02年に設立されましたが、設立の際にグロービスは理事メンバーで、発起人として設立に加わった経緯がございます。私自身は、当時はいわゆるベンチャーキャピタリストとして1件1件の企業の投資育成に携わっていたわけですが、JVCA発足の際の主要な目的の1つに、ベンチャーキャピタリストの育成がありました。グロービスはグロービス経営大学院を運営していたこともあって、JVCAの主要な活動の1つとなっておりますベンチャーキャピタリスト育成講座の企画と構成、そして最終回の登壇をずっと私がやってきました。ですから、JVCA設立の発足の当初から教育という形で関わってきております。私共は、協会発足当初より業界発展に尽力いただきました故尾崎会長の遺志と言葉を受け継いで、協会運営を通じた社会貢献に尽力していきたいと考えております」

―― 新協会長として、どのようなことに活動の重点を置かれますか。

「今年の取り組みとして3つの重点項目を掲げています。まず1つ目のテーマが、『ベンチャー・エコシステム(生態系)の拡大・発展』です。リーマン・ショックで激減したベンチャー投資資金は13年には1800億円に戻りましたが、国内への投資実行額を見ますとまだ毎年700億円とずっと横ばい状況です。一方で米国は約490億ドル(6兆円弱)もあります。日本の経済規模や技術力から考えますと圧倒的に低い状態で、シンガポールより少ない規模になっているというのが現状です。今、日本経済の成長にとって必要なことは、ベンチャーを育み、イノベーションを生み出すベンチャー・エコシステムの確立であり、その中心的役割を果たすのがVCである、という強い使命感を私たちは共有しています。そのベンチャー・エコシステムの中の主要なハブにベンチャーキャピタル、ベンチャーキャピタリストがいるわけで、ここの品質がやはりエコシステム全体に大きく影響を与えます。そこで、ベンチャー・エコシステムの拡大・発展のための具体的な取り組みとして、今年は…

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

石田 雅彦(DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 コーポレート部門代表パートナー 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
Danish Hamid(ダニッシュ・ハミド: DLA Piper ワシントンDCオフィスパートナー)
(協力:丸山 翔太郎 [DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 アソシエイト 弁護士] )


M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム