レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2018/06/26)

【第94回】BCGコーポレート・ディベロップメント・グループのグローバルリーダーが語る、「M&A巧者」のアプローチ手法

Dinesh Khanna(ボストン コンサルティング グループ(BCG) シニア・パートナー&マネージング ディレクター)
foto

――  日本企業のM&Aは過去最多を更新した2017年を3割上回り、ますます活況です。ドライバーの1つが海外M&Aです。グローバル競争が激化するなかで、その有効性は誰もが認知するところで、日本でも、JTなど、『M&A巧者』と言われる企業が増えてきています。しかし、高値掴みをしている企業や、依然としてPMIに苦労している企業など、さまざまな課題を抱えている企業が多いのが現状です。カンナさんは、長年にわたり、中国、インド、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、日本などアジア主要マーケットにおいて、事業会社やプライベートエクイティ(PE)プレーヤー向けにM&Aのサポートを行ってこられました。グローバルに戦略的M&Aを手がけ、企業価値を向上させている『M&A巧者』のM&Aに対するアプローチとはどのようなものでしょうか?

1.世界のM&A増加の要因

「世界のM&A市場は総額ベースで過去最高レベルに達しています。日本においても、世界と同様の傾向にあるといえます。その要因はいくつかありますが、マクロの要素としては、3つの『C』が挙げられます。1つ目は、バランスシート上に潤沢な『Cash』(キャッシュ)があること。2つ目は、『Cheap』、条件の良い資金調達が可能であること。3つ目は、今米国で実行されている法人税減税で、『Corporate』のCです。これら3つのマクロ要因に加えて、最近では特にファイナンシャルインベスター、いわゆるプライベートエクイティ(PE)のような投資家サイドに潤沢な手元資金があることも影響しています。企業の事業戦略上、M&Aの重要性が高まっていることに加えて、PEサイドからもかなりのキャッシュが投資されているという状況です。

  企業のM&Aの目的にはいくつか共通項が見られます。よく言われることですが、1つは効率性を高めるための『スケール』の獲得。もう1つは『成長』の獲得です。国内市場における成長はすでに頭打ちであるため、それ以上の成長を求めようとするならば国外市場で新たな成長源を獲得するしかない。つまり、グローバルにスケールを拡大していかなければ競争に取り残されてしまう、ということです。特に製薬業界ではM&Aが活発化しています。企業は、スケールを手に入れることによって、必要な投資を実行できるようになる。新薬を開発してローンチをするために必要な投資金額が非常に大規模になっているため、成長するためにさらなるスケールを獲得する必要があるのです。

  もう1つ、過去にはなかった新たな現象としては、『テクノロジー』がM&Aのドライバーとなっていることがあげられます。2017年に事業会社が行ったM&A案件をグローバル全体で見ると、案件の5分の1には何らかのテクノロジーが関連していました。その中には、MicrosoftがLinkedInを買収したように、テクノロジー企業が他のテクノロジー企業を買収するケースがある一方で、伝統的な企業によるテクノロジー企業を対象としたM&Aのケースもあります。後者は、新しい技術を手に入れたい、あるいは、シェアードサービスやビッグデータへのアクセスを得たい、アナリティクスの組織能力を手に入れたいという、伝統的企業の意図のもと、実行されているといえます」

2.グローバルのM&A巧者のアプローチ手法

習うより慣れろ

「私たちは買収において成功、つまり適切な資産を手に入れ事業価値を向上できた企業にはどのような共通項があるのかを探る研究(詳細はこちら)を行いました。その結果、成功を実現しているのは…


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

2018年1-6月の日本企業のM&A動向

マーケット動向

[M&A四半期レポート]

NEW 2018年1-6月の日本企業のM&A動向

大塚製薬、米バイオベンチャーのビステラを買収

速報・トピックス

[<速報>公表アドバイザー情報]

NEW 大塚製薬、米バイオベンチャーのビステラを買収





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム