レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2018/07/12)

対内直接投資は今後も増えていくのか?

マール企業価値研究グループ
安倍政権は対内直接投資拡大のための施策を打ち出してきたが…

  多くの国は、これまで、成長を促進するための方策として、積極的に海外からの投資を受け入れることに注力してきた。とくに、同じ国際的な資本移動のなかでも、直接投資は証券投資と違って、技術移転やノウハウなどの経営資源の移転を伴う資本移動であるため、投資受け入れ国にとっても生産性向上といった恩恵を得られる。国内産業を高付加価値化し、グローバル競争に打ち勝つためには、とくに対内直接投資の積極的な受け入れが必要だ。

  だが、日本の対内直接投資をみると、国際的にみても、また、対外直接投資との比較でも圧倒的に低水準という状況だ。UNCTAD(国連貿易開発会議)の統計で、2016年末の対内直接投資残高の対GDP比を国際比較すると、米国が34%、イギリスが46%、フランスが28%、ドイツが22%に対し、日本は4%にとどまる。また、日本の国際収支統計によれば、対外直接投資の対GDP比は2017年末の対外直接投資の対GDP比は32%だが、対内直接投資の対GDP比は5%にすぎない。

  イギリスは少なくとも2016年にBREXITが決まるまでは、海外からの資本を取り入れることによって、経済停滞に歯止めをかけることに成功した国の1つだった。

  イギリスは18世紀産業革命以降…


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

2018年1-6月の日本企業のM&A動向

マーケット動向

[M&A四半期レポート]

NEW 2018年1-6月の日本企業のM&A動向

ゾゾスーツが示すアパレル市場の未来 ~ 進むファッションの個人化

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW ゾゾスーツが示すアパレル市場の未来 ~ 進むファッションの個人化

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム