レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2020年2月号 304号

(2020/01/20)

ユニゾンの担当者が語る「共和薬品工業の総合ヘルスケアカンパニー戦略」

インドのジェネリック医薬品メーカーから買収

右から片柳 淳子(ユニゾン・キャピタル パートナー)、梅津 直人(同 ディレクター)
右から片柳 淳子(ユニゾン・キャピタル パートナー)、梅津 直人(同 ディレクター)
 インドのジェネリック医薬品(以下GE)メーカー大手のLupin Limited(以下ルピン)は、2019年11月、ルピンの子会社Nanomi B.V.が保有する共和薬品の株式約99.82%をPEファンドのユニゾン・キャピタル4号投資事業有限責任組合およびUnison Capital Partners IV (F),L.P.(以下ユニゾン)に約574億円で売却する契約を締結、12月中にも譲渡が完了する。

 ルピンは売上高で世界8位のGEメーカー。共和薬品がルピンの子会社となったのは08年11月のことである。インド系企業による日本のGEメーカーの買収は、ザイダスグループによる日本ユニバーサル薬品の買収に続き2社目だった。共和薬品は1954年1月の創業。自社ブランド「アメル」で知られ、精神科・神経内科領域の製剤(催眠鎮静剤、抗不安剤、抗うつ剤、抗てんかん剤、抗パーキンソン剤、精神神経用剤など)が販売品目の約4割を占める精神科・神経内科領域に特化したGEメーカーだった。その後、98年にベーリンガー・マンハイム社のGE全品目の営業権取得によって精神科製品群を拡充し、01年のバイエル社のオスポロット錠の製造承認および営業権の取得によってブランドGEビジネスに本格参入。その後も03年に宇治製薬製品の営業権を取得、04年エムジーファーマ製品の販売権を取得と積極的な事業戦略によって業容の拡大を図ってきていた。

 ルピンと共和薬品との関係は、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

2020年1-6月の日本企業のM&A動向

マーケット動向

[M&A四半期レポート]

NEW 2020年1-6月の日本企業のM&A動向

【第2回】事業再生の最初の一歩~事業再生計画の策定~

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第2回】事業再生の最初の一歩~事業再生計画の策定~

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

[緊急対談]コロナショック後を踏まえた事業戦略とM&A

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

[緊急対談]コロナショック後を踏まえた事業戦略とM&A

加藤 雅也(KPMG FAS シニアアドバイザー)
松田 千恵子(東京都立大学大学院 経営学研究科<ビジネススクール> 教授)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム